引っ越しのお知らせ

2013年12月17日の当DTIブログサービス終了にともない、

http://psp2014.blog.fc2.com/

に引っ越します。宜しくお願い致します。

方法124

方法124

「引き寄せの法則」を活用して願望の実現を加速するために、
お勧めの方法があります。

方法123で、引き寄せられるためには、身も心も“軽く”して
おかなければなりません。

ということを書きましたが、そのための一つの方法です。

それは、不快な事が起こったときに、すぐに「ありがとう」と
言うことです。

“不快なことが起こったときに「ありがとう」なんて言う
気になれない。”という声が聞こえてきそうですが、
別に“有難い”という気持ちになる必要はありません。

ただ、今までだったら「チェッ」とか「クソッ」とか
色々言っていた言葉の代わりに「ありがとう」と
言うだけです。(声に出しても、出さなくてもOKです)

これが、最初はなかなか難しいのですが
実はコツみたいなものがあります。

それは、不快なことが起こりそうな状況になりつつある
時に、「ありがとう」を準備しておくことです。

例えば、人ごみに入った時に、“人がぶつかってきそう
な感じだなぁ〜”と思ったら、“何かあったら「ありがとう」
と言おう”と準備しておくのです。

こうしておけば、“すぐ”に「ありがとう」と言えます。

そうすると、どうなるかは言葉で表現するのが難しいのですが、
3日間位意識していると、やみつきになるかもしれません。

これをしないとダメという事ではなくて、一つの有効な
方法だということです。

是非、お試しを!!

方法123

方法123

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するために、
知っておいた方が良い事があります。

それは、「引き寄せの法則」というよりも、
「引き寄せられる法則」と考えるという事です。

解りにくいと思いますが、
一般的に「引き寄せの法則」といわれているために、
願望に縄を付けて自分の方に引っ張ってくる、又は
磁石のように吸いつける、というようなイメージ
を持つことが多いと思います。

中には、そういうイメージを持てと書いているものも
あります。
間違いではありませんが、場合によってはこの事が
「引き寄せ」を邪魔することがあります。

それは、このイメージだと願望を引き寄せるために
どっしりと構えて、力いっぱい引っ張るとか
どっしりと構えて、強い磁力を出すとか
そういうイメージを持ってしまうからです。

それは、気負いやリキみを生み出します。
気負いやリキみは「引き寄せ」を阻害します。

ですから、イメージとしては、
「引き寄せられる法則」なのです。

引き寄せられるためには、身も心も“軽く”して
おかなければなりません。

いつも“軽く”しておけば、願望へ“スーッと”
引き寄せられます。

方法122

方法122

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
心が「快」の状態を多く持つことが効果的ですが、
気をつけたほうが良い事があります。

それは、「不快」を感じたときに“だめだ、だめだ”と
あせらないこと。
それと、その感情を無理におさえ込まないことです。
例えば、必死で何か「快」を感じることを探して、
必死に「快」を感じようと努力することです。

「不快」を感じたら、(「快」のパワーの方が「不快」
のパワーよりも圧倒的に強力ですので、)あせらずに、
まずは、
自分の好きな事や物のことを考えてみる。

なかなか、考えを切り替えられないときは、
「快」を感じることを探すのではなく、
「不快」を忘れる行動をとってみる。
例えば、広告チラシを見たり、看板を見たり、
前にいる人の服を見たり、何でもいいので
何か別のものに集中してみる。

それでもダメなときは、
開き直って、
「不快」をおさえ込まずに、思いっきり、
積極的に「不快」を感じるようにする。
そして、叫びたいなら叫ぶ、泣きたいなら泣く、
思いっきり感じ、溜め込んで一気に開放する。

大切なのは、
「不快」を感じても、(「快」のパワーの方が「不快」
のパワーよりも圧倒的に強力ですので、)あせらないことです。


方法121

方法121

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するために
知っておいた方が良い事があります。

よく成功法則の中で、「人は自分が考えた通りの自分になる。」
という言葉が出てきます。

「引き寄せの法則」を考えれば当然の事なのですが...
でも、どうもピンと来ていませんでした。
何となくこの言葉がしっくりきていませんでした。

そして、気付きました。
言葉を変えてみて腑に落ちました。

「人は自分が“ふさわしい”と思っている自分になる。」

自分がどんなふうに“ふさわしい”と思っているかは、
今の自分を見れば分ります。

さあ、新しい“ふさわしさ”を考えてみて下さい。
感じてみて下さい。
必ず、引き寄せれます。


お知らせ

前回(10月10日)の記事でお知らせしたメール講座は、
予定の人数になりましたので締め切らせて
頂きました。
ありがとう御座いました。



方法120

方法120

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するために
やってみる方が良いことがあります。

それは、自分の意識の多くが何に注がれているか?

を客観的に見てみることです。

自分の意識の多くを「望む結果」に注いでいますか?
それとも、「実現していない事」に注いでいますか?

意識を多く注いだことが実現します。

「実現していない事」に注いでいる自分を発見したら、
すぐに意識を切り替えればいいのです。
一日のうちに出来るだけやってみて下さい。
きっと効果があります。


お知らせ

やっと、ご要望にお応えして
メールでの講座を開始できるようになりました。

4週間にわたる内容になっています。
費用は25,000円(税込)です。

事前に要望されていた方がいらっしゃいますので、
私の時間的な制限から3名様とさせて頂きます。

講座の詳細につきましては、
下記にメールを頂ければ返信致します。

tshousai@sk-squared.com


(ブログの記事についてのご質問等は、
 返信できませんのでコメントにてお願い致します。)

方法119

方法119

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するために
効果的な方法があります。

それは、実現したい願望を明確にした後に、
フッと思いついた「小さな事」を実行することです。

実現までの確実な手段や方法を探すのではなく、
どちらかというと、それが本当に実現の役に立つか立たないか
分らないから、やるのが面倒くさいけれど、
やろうと思えばそれほど苦労無くやれる程度の事です。

だから、「小さな事」で良いのです。
いや、「小さな事」の法が良いのです。

そうすると、その「小さな行動」が、新しい引き寄せ
を生みます。

そして、引き寄せが加速します。

一度試してみて下さい。





方法118

方法118

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
良い事を引き寄せやすい体質をつくるのが有効だと前に
書きました。

その中であまり他では書かれていない体質があります。
それは、「リラックス体質」です。

日頃できるだけ、リラックスして過ごすことが大切です。
リラックスといっても、「ダラ〜」っと過ごすということ
ではありません。

「リキみ」の反対だと考えて下さい。
肩の力が抜けた状態です。

自分の言葉(発する言葉や心の中の言葉)に注意を
向けていると、自分がリキむ言葉とリラックスする
言葉があることに気付くと思います。

出来るだけリラックスする言葉を使って下さい。

良い事を引き寄せやすくなります。

方法117

方法117

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
イメージングが有効です。

でも、あんまり一生懸命になってリキんではいけません。
リキむと、あせりや疑いが出てきます。

「うまく鮮明にイメージング出来ない。」と言って
悩んでは、逆効果です。

鮮明に描くこと自体に効果があるのではなく、
そうする事によってリアルな感情を味わうことが
大切なのです。

ですから、願望がハッキリしていれば、
イメージングは自然体でOKです。
出来る範囲でOKです。

それよりも、嬉しい・楽しい等の「快」の感情
を味わって下さい。

引き寄せる力は鮮明なイメージ自体ではなく、
それによってもたらされる感情によって
強化されます。

プラスであれマイナスであれ強い感情には
強い引き寄せのエネルギーを伴います。

感情はエネルギーです。
楽しい・嬉しい感情を大切にしましょう。

方法116

方法116

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
良い事を引き寄せやすい体質をつくるのが有効です。

よく言われることですが、
そのために一番に心がけることは、「感謝」だと思います。

最初は感謝していたことも、時間がたつと「当たり前」なり、
すっかり感謝することを忘れてしまいがちです。

そうすると、それを思い出させてくれる出来事が引き寄せられます。
多くの場合、それは「不快」なことなのですが・・・

逆に、感謝の気持ちを忘れずにいると、
もっと「感謝」することが引き寄せられます。

皆さんが、経験していることだと思います。

とりあえず、「ありがとう。」をたくさん言って、
「ありがとう」をたくさんもらいましょう。

もらう「ありがとう」は、言う「ありがとう」の
10回分に値するそうです。

方法115

方法115

長い間更新せずに、すみません。
5ヶ月ぶりに、再開します。
宜しくお願いします。

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するために、
いつも自覚しておきたい大切なことがあります。

前にも書いたのですが、それは、

「全てのことは、自分が引き寄せている。」

という自覚です。

「そんなこと、わかっているよ!」という人も多いと
思います。でも、

何か自分にとって「不快」なことが起こったときに
「何で自分だけ・・・」とか「あ〜あ、ツイてないな〜」
とかつぶやいていませんか?

もしそうだとしたら、少なくともその瞬間は、自覚して
いないってことになります。

「不快」なことでも、必ず自分が良くなるために
起こっているのですから、

まず、自分が引き寄せた事を認めて、そこに含まれた
メッセージを探してみましょう。

きっと、気づく事があるとおもいます。

その「不快」なことは神様か誰かが天罰として貴方に
与えたわけではなく、貴方が引き寄せの力を使って
起こしたことですし、

「何で自分だけ・・・」とか「あ〜あ、ツイてないな〜」と
思っているよりも、自分を「快」に保てるとおもいませんか?

「全てのことは、自分が引き寄せている。」ですよ!!

方法114

方法114

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
実現に対する「疑い・不安・心配」などの不快な感情を
出来るだけ抱かないようにすることが大切です。

そのために、

「大きな願望には大きな引き寄せの力が必要で、
小さな願望には小さな引き寄せの力しか必要じゃない」

という思い込がないかどうかを確認することも
役立つかもしれません。

「願望が大きくても小さくても、それに必要な力は同じです。」
また、
「大きいから時間が必要で、小さいから時間が必要ない」
という思い込みも、ついついやってしまいがちです。

「大きな力が必要、たくさんの時間が必要」とどこかで
思い込んでいるから、それが実現しているのかもしれません。




方法113

方法113

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
実現に対する「疑い・不安・心配」などの不快な感情を
出来るだけ抱かないようにすることが大切です。

そのための方法の一つとして、

「まかせたから、安心。ありがとうございます。」

と言ってみるのも良いかもしれません。

「まかせきれてない」から「疑い・不安・心配」を
感じるのではないでしょうか?

この言葉じゃないといけないということではありません。

自分に合う言葉を捜してみて下さい。

ただし、「ありがとうございます。」は忘れずに!!




方法112

方法112

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するために、
一度、自分の考えを見直してみるのも良いかもしれません。

それは、「引き寄せの法則」を活用するのは
“難しいことだ”と無意識のうちに思い込んでいないか?

ということです。

「引き寄せの法則」を活用するのは“難しいことだ”と

思っていると、その現実が引き寄せられます。

「引き寄せの法則」を活用するのは“簡単だ”と思って
見て下さい。

何か気付きがあるかもしれません。

方法111

方法111

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
実現に対する不安や疑いや恐れを抱かないことが大切です。

そのために、以下の方法が役に立つかもしれません。

1.まず、願望、つまり「引き寄せ」たい物や状況をイメージします。
  そして、それをイメージした瞬間に、それが創り出されて
  「どこか」に既に存在しているイメージをします。
  その時に、「そこ」にそれを創り出してくれて“お取り置き”
  してくれている事に感謝します。
  その物や状況は「どこか」に確実に存在している事を
  感謝の気持ちとともに深く感じてください。

2.次に、それが自分の現実に引き寄せられてくるイメージを
  して下さい。その物が近づいてくるイメージでも良いですし、
  状況を光の玉や、ピンクの風船や、何でも良いですから、
  イメージしやすいようにして、引き寄せをイメージして
  ください。

3.そして、願望が自分のてもとに来て、実現したイメージを
  して「快」と感謝を感じてください。

1〜3を繰り返すうちに、実現に対する「不快」な感情が薄らいで
いくと思います。

あくまで、一つの方法ですから、これが出来ないといけない、という
ことではありません・・・念のため

方法110

方法110

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するために、もう一度
意識して欲しいことがあります。

それは、「結果は創る、手段はおまかせ」ということです。

自分の願望実現をイメージして「快」を感じることで、
「結果」を創ることが出来ます。
「安心、感謝」の気持ちを感じたならば、それは、「結果」を
創ったということです。

そのために、
心でキーワードを唱えながらイメージするのも一つの方法です。
最後に「ありがとうございます。」と付け加えると良いかもしれ
ません。この「ありがとうございます。」は、実現したことに
対する感謝です。

例えば、「成功、富、ありがとうございます。」とか「愛、喜び、
ありがとうございます。」とか、自分にピッタリのキーワードを
探してみてはどうでしょうか?

この言葉を心で唱えながらイメージすると良いかもしれません。

さて、ここからが今回の本題なのですが、
せっかく結果を創って引き寄せが始まっているのに、自分で
その入口をふさいでしまう事があります。

それは、前にも書きましたが、手段・方法を無理矢理に考えることと、
実現に対して「疑い・不安・恐れ」を抱くことです。

確実な手段・方法がわからないと「疑い・不安・恐れ」を抱く
のが私たちの習性(?)です。

そんな時は、意識して、先ほどのキーワードを使って、
結果を繰り返し創ってみてください。

結果を創りさえすれば、そのために最も効果的で、最も速い
手段・方法を与えてくれるのが「引き寄せの法則」ですから、
手段は「おまかせ」して、「快」の時間を増やしてください。












方法109

方法109

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
できるだけ「快」を多く感じることと、どんなに小さな
事についても自分が好ましいことを「引き寄せた」こと
に気付き「感謝」することが大切です。

そんな時に、「こういう小さな事は、引き寄せるのに、
何で一番望んでいる事はなかなか実現しないんだろ〜」
なんて考えないで下さい。

せっかく良い「引き寄せ」が起こっているのに、「不快」
を感じては「良い事を引き寄せる力」が弱くなります。

「ありがたいな〜、きっとこれは、もっと良い事が起こる
前兆に違いない。「良い事を引き寄せる力」が強くなって
いる証拠だ!! ありがとうございます。」と感謝して下
さい。もっと、もっと、良い事が起こり始めます。

方法108

方法108

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
実現をイメージして「快」を感じると良いのですが・・・

ついつい実現の手段・方法を考えてしまう事はありませんか?
そして、なかなかウマイ手段・方法を思いつかず、やっぱり
無理だと感じ出して・・・実現に疑いや不安を感じてしまう。

引き寄せの力は、もう既に願望が実現した姿と、それに続く
楽しい出来事をイメージして「快」を感じることによって
願望の実現に向けて強く働くものです。

方法・手段を考えると、無意識のうちに願望がまだ実現
していないという考えで頭がいっぱいになってしまいます。
そうすると「実現していない現実」を引き寄せてしまいます。

願望実現のための手段・方法・環境・出来事などを引き寄せる
のが「引き寄せの力」を活用する目的です。
ですから、「引き寄せの力」を信じて、安心して「快」を感じ
ましょう。




方法107

方法107

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
実現をイメージして「快」を感じると良いのですが・・・

イメージして「快」を感じないとイケナイらしい。
ウ〜ン、なかなかイメージできない。
ウ〜ン、なかなか「快」を感じない。
どうしよう。どうしよう。
もっと真剣にしなくちゃ!!・・・・

そして、「快」を感じるはずが、「不快」を感じてしまう。

このワナにはまらないで下さい。

「快」を感じる時間を多くするのも大切ですが、要は
「快の時間」よりも「不快の時間」の方が少なければ良いのですから、
「快」の時間を作ることと同じくらいに大切なのが「不快」の
時間を作らない事です。

自分が今までに実現した願望(大きさに関係なく)について考えて
みて下さい。

思いっきり力(りき)んでイメージした事よりも、リラックスして
自然にイメージしたことの方が実現し易かったのではないですか?

力(りき)むか、リラックスするかは、その願望に対する執着の強さ
に比例するように思います。

ですから、「イメージして快を感じなければ!!」と意気込んで始めるのではなく、
「この時間は、イメージを楽しもう!!」と気楽に
始めるのもよいと思います。

大切なのは、繰り返しですから。



方法106

方法106

「引き寄せの法則」を活用して願望を実現するためには、
願望を実現したイメージをし「快」を感じることが有効です。

よく、願望実現の本に「既に願望が実現した様に振舞いなさい。」
という事が書かれています。
これは、

普通の人は、
have(実現する)→be(実感する)→do(それらしく振舞う)
となりますが、

引き寄せは、
be(実感する)→do(それらしく振舞う)→have(実現する)

というプロセスで起こることに基づいて言われているのだと思います。

とにかく、実現を感じる(be)事が最初ですね。



HOME | NEXT ≫

Calendar

PREV≪  2017-11  ≫NEXT
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Advertisements


成功の実現に役立つ情報やノウハウを公開します。成功を引き寄せましょう。 絶対よくなる!絶対効く!!